注射器を使った脂肪吸引方法でスリムな体|超音波を当てる

基本的な施術はメスが必要

痩せた女性

過酷な運動や食事制限でダイエットをするのはとても難しいことです。ほとんどの人はなれない運動や食事制限に飽きを感じて途中で断念してしまうでしょう。もし、それらのダイエット方法を続けられて理想の体型を手に入れたとしても、生活習慣を元に戻してしまうとリバウンドしてしまうのです。もっと手軽にリバウンドの心配なく痩せることができればいいのにと思う人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが美容外科やクリニックで行なっている脂肪吸引です。脂肪吸引は機械や道具を使って体内の脂肪を除去するという方法で、運動や食事の制限をしなくても大きな効果を得ることができるのです。
美容外科で行なわれている脂肪吸引には2つのタイプがあり、一般的にイメージされているのが切る脂肪吸引方法です。切らない方法もありますが、メスを使って切る方法のほうが高い効果を得ることができるのです。切る脂肪吸引の場合は皮膚にメスを入れなくてはいけず、傷跡が残ってしまうことがあります。しかし、傷跡が解りにくいような部分にメスを入れて施術を行なうので大きな心配をする必要はありません。皮膚を切る施術で一番よく耳にする方法がボディジェットというものでしょう。この方法はジェット水流を使って皮下脂肪と他の周辺組織を分離させ脂肪のみを吸引するという方法です。このボディジェットの特徴は脂肪を取るときにムラを少なくすることができるというところでしょう。従来の脂肪吸引方法では施術後に脂肪を取り過ぎた部分とそうでない部分に大きなムラができてしまうことがあったのですが、ボディジェットは吸引力を調節できるのでそういったムラをなくすことができます。しかも、脂肪をかき回して取るようなものではないので施術中や術後の痛みも今までより少なくなっているのです。ボディジェットで脂肪吸引を行なうと術後の回復も比較的早いので、人によってすぐに日常生活に戻ることができるでしょう。デスクワークで体を動かさない仕事をしているのなら、翌日にはすぐに仕事をすることができます。施術時間も1時間前後と短いので体に大きな負担を掛けずに済むでしょう。