注射器を使った脂肪吸引方法でスリムな体|超音波を当てる

切らない施術方法

体重計

手軽に痩せたいと考えている人にとって便利な方法が脂肪吸引です。脂肪吸引は美容外科やクリニックで行なわれている施術の1つで、気になる部分に付いている皮下脂肪を特殊な機械や道具で除去するという方法です。普通にダイエットをしようと思ったら、食事制限や運動、規則正しい生活を長く続けなくてはいけません。そういった生活をしてこなかった人がいきなりダイエットを行なっても、飽きたり忙しさで時間が作れなかったりして続けることができなくなってしまうのです。続かないダイエットをするよりも、脂肪吸引を行なって効果的に皮下脂肪を除去したほうがすぐに効果を実感できます。また、脂肪吸引をすることで施術部分の脂肪細胞そのものを除去できるのでリバウンドの心配も少なくなるのです。
美容外科やクリニックで脂肪吸引を行なうときに、施術部位にもよりますが、大きく2つの方法を選択することができるのです。それは肌を切って行なう方法か切らない方法かということです。切らない脂肪吸引というものにもいくつかの種類があり、その1つが脂肪を加熱するというものです。肌を切らずに脂肪を加熱させる方法の1つに、キャビテーションというものがあります。キャビテーションというのは空洞減少と呼ばれていて、圧力の差を利用して液体の中に真空の気泡を発生させるというものです。このキャビテーションを行なえる機械で脂肪に超音波を当てると脂肪細胞の中に気泡が発生し、それが弾けることで細胞を溶かしたり、破壊したりできるのです。皮膚の上から超音波を当てるので他の体内組織に影響を与えるのではないかと心配になる人もいるでしょう。しかし、この超音波は脂肪にのみ影響するものなので他の組織には影響しません。皮膚や筋肉、血管などに影響を与えないので安心して行なうことができるでしょう。また切らない脂肪吸引の一つにウルトラシェイプという脂肪加熱方法があります。この方法でも特殊な超音波が使われていて、そのエネルギーを一点に集中させることでターゲットとなる脂肪やセルライトを破壊することができるのです。ダイエットで効果が出にくいお腹や太もも、脇腹などにこの方法を使うといいでしょう。