注射器を使った脂肪吸引方法でスリムな体|超音波を当てる

脂肪のみを吸引するために

ウエストを測る女性

チューメセント液で

脂肪吸引とは、美容整形外科でおこなわれている痩身術です。皮下の脂肪層にカニューレを挿入し、カニューレに陰圧をかけることで、脂肪を吸い出していくという施術です。脂肪吸引によって、その部分からは脂肪の大半が除去されます。これにより見違えるほど細くなるので、お腹や太ももなど部分的に細くすることを希望する人の多くが、脂肪吸引のために美容整形外科を受診しています。脂肪吸引では、多くの場合は最初にチューメセント液が注入されます。これは、麻酔薬を加えた生理食塩水です。たっぷりと注入することで、麻酔薬の影響で痛みが生じにくくなる上に、生理食塩水によって脂肪がふやけた状態になります。脂肪層には、脂肪だけでなく毛細血管や神経が多く存在しているので、そこから無理に脂肪を吸い出すと、それらが傷ついてしまいます。これにより施術の際には出血が、そして施術後にはしびれなどが生じることがあるのですが、チューメセント液で脂肪をふやけた状態にすれば、防がれやすくなるのです。

ベイザー波の使用

また昨今の脂肪吸引では、チューメセント液のかわりにベイザー波が使われるようにもなっています。ベイザー波とは、脂肪のみを粉砕することのできる、特殊な振動エネルギーです。ベイザー波は、脂肪層に通したカニューレの先端から照射されます。すると、それによって脂肪が粉砕されてドロドロとした状態になり、毛細血管や血管から分離します。それを、カニューレで吸い取っていくわけです。つまり脂肪吸引は、毛細血管や神経にダメージを与えないような方法でおこなわれている、安全な施術ということです。その上、高い痩身効果が出てくるので、人気があるわけです。しかも、ふやけたりドロドロとした状態になった脂肪は、弱い力でも簡単に吸い取ることができます。そのためカニューレは、5ミリ程度という非常に細いものが使用されます。その細さでも、十分に吸引が可能なのです。細いわけですから、挿入の際には肌には小さな傷しかつきません。脂肪吸引は手術の一種ですが、施術後に大きな手術跡が残ることもないのです。